FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

今日、アロマの練習をさせてもらった。

練習台になって頂いたのはママンの友人。

とっても綺麗な人だ。歳を重ねてはいるが、肌も綺麗b

聞けば、アロマトリートメントは仕事帰りにサロンに行っていたので経験済みとのこと。

緊張が走った。本格的にしかも(当然だけど)毎日やっているプロと比較をされるのだから当然だ。

例え練習だからといっても、満足してお帰り頂きたい。『来た時よりも美しく』をモットーにしているし、

これからプロになるわけだから当然である。

緊張しなからもフェイシャル・ボディの全身のスペシャルトリートメントをさせて頂いた。

最後に

「気持ちよかった」「肌が少し白くなった気がする」

とほめて頂けた。しかも、次の予約までしてくださった。

素直に嬉しかった。でも、その反面、

緊張していたから、手が硬かったかもしれない。

それによって本当の意味でのまた来たい!と思っていただけたのかも未だに不安。

それは私がまだまだ未熟だから。技術も心もまだまだ・・・


終わって、買い物に出かけて帰ってくると携帯のメールと着信を知らせる光がチカチカしていた。

友達からだった。

何かと思ってみてみたら、

「海いかん?」

ということだった。急いで用意をして、泳ぎたかったが、田舎なのでシャワーがある所がないから

帰りが面倒だと水着は持っていかなかった。

友達と合流して、海へ。

数年前に住んでいた大阪の海とは違って、とても綺麗なだだっぴろい海水浴場。

お盆を過ぎてるから、人がいない。貸切状態。

暫くたわいもない話をして、沈黙・・・

ぼーっと広い海を見てたら、

さっきの

「緊張で・・・」

ということで片付けてしまっていた自分の心の愚かさに気付いて恥ずかしくなった。

私はエステシャンだったけど、今でもトリートメントさせてもらってはいるけど

された事は少ない。勉強になるからと無料体験も行ってはいたけど、数えるほどしか行ってない。

そうだ!

受けに行こう。無料ではなく、ちゃんとお金を払う所に。

いままで気付かなかった不安が今日、一筋の光が見えた気がした。

自分の技術でどれだけお金を払ってくれるだろうか。また来たいと思っていただけるだろうか。

それはずっと分からないかもしれない。でも、受けることで払うことで少しは分かるようなきがする

そう、海を見ながら思った。

誘ってくれた友達に感謝。
スポンサーサイト
2008.08.18 Mon l リアの出来事 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

そうだっ
Yuricaさんのライブで一番最初に歌ってた曲。
今出来る事、
ではないだろうかと思いました。
以前も聞いたことあったので。

違うかも・・・

自分が気持ちよいこと、心地よいこと、
リラックスすること、を知るって大切ですよね。
以前に、宮川彬良さんと平原まことさんの
コンサートを聴きに行ったときに、平原さんが言ってました。
「自分が気持ち良く、落ち着けて、癒される音をまずは出すこと。そうやって曲を作る」
と言われてました。
そのコンサートはものすごく、ものすごく良かったんです。
ピアノとサックスのコンサートを知らない私にも、その本物の音と、音から出る二人の優しさを感じて、とても力を抜いて浄化されていくようなイメージでした。

きっと人を元気にしてあげるとかじゃなくて、みんな元気になる力は持ってるんですよね。
それを引き出すきっかけが、アロマであったり、音楽であったり、それを通じての人の温かさであるようにも思えます。

でも、アロママッサージ。
超気持ちよさげですね~
2008.08.19 Tue l じゃいあん. URL l 編集
No title
コメントありがとうございます。
そうでした!
まだCD化してないこの曲。。。
いい曲ですよね。歌詞もステキb

音楽は人種、国、言語に関係なく、繋がりを持たせてくれる。素敵な手段。。。
例えこの耳が聞こえなくなろうとも、音楽は振動で伝わる。。。

アロマもトリートメントの仕方は違っても、そこに集う人たちの気持ちは根本は同じ。

だから、きっと、大好きなものなんだろうね。

「浄化」・・・

うん。すごく素敵な言葉。。。

その先にあるものが幸せな気がするよ。


アロマ受けてみる???
2008.08.19 Tue l 水仙蝶華. URL l 編集
よいかも
アロママッサージ、
してみたいです。

ハンドマッサージをしてもらったことはあって、ちょ~気持ちよくて眠たくなりました。

いいですね~。
せひお願いします。
2008.08.20 Wed l じゃいあん. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://suisem.blog123.fc2.com/tb.php/170-14a1c8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。